デートで食事代が払えない!そんな時はキャッシングコーナーへ!

今日は、彼女とデートでした。
服装もお洒落にして、髪型を整え、待ち合わせの場所に向かいました。僕の彼女は1つ年下です。
食事の支払いやガソリン代など、「私も半分払うよ~」と言って、割り勘にしようとしてくれます。
気持ちは嬉しいのですが、僕も男です。

付き合っている女性。しかも、年下の彼女には、一円たりともお金を出させたくありません。
今日の夕食は、少し高めの、フレンチレストランを予約していました。
食事を美味しく頂いて、お会計の時、いつものように、「割り勘にして!!」と彼女が言ってきました。
僕もいつものように、「大丈夫だよ!!ここは!!」と言い、彼女は「ありがとう!!」と言って、お手洗いに行きました。

支払いをしませようと、お財布を見たら、3000円しかありませんでした。焦りました!!
彼女に借りようか?でもかっこ悪いし。

焦っていると、頭の中に「はじめての○○○」というお馴染みのフレーズが流れてきました。
360度見渡すと、な・な・なんと、キャッシングコーナーがあるではありませんか!!
彼女は、まだ戻ってきてなかったので、急いで向かい、何とかお金を借りる事が出来ました。
初めての経験でしたが、スムーズに借りる事が出来ました。
彼女にバレずに済んで良かったです。

上手に使えば安心をゲットできます。

キャッシングと聞くと、借金で高い金利、一度使うとドツボにはまる、という印象な気がしますが上手に利用すればいざという時の安心につながります。

僕も一度はキャッシングで大失敗をしてしまいました。
しかし、今ではキャッシングの枠というのは安心感をゲットできるものだと認識し、時々利用させてもらっています。
例えば、引っ越しをした際に敷金礼金で手元の現金が臨時的に無くなってしまいました。
しかし取り急ぎ、細々と揃えないといけなくなったときキャッシングを利用しました。

カードで支払う程の金額ではないし細々と色々なお店に行かなければいけなかったので現金が良かったのです。
しかも少額だったので次の月に全額返済しました。
そのため手数料もほとんどかからず元通りになりました。

定期預金などももちろんありますが、こういった急で現金が必要な時にはとても便利でありがたく、そういうものがあると思うだけでも安心を持っているように感じます。

そんな便利はキャッシングですが、「今すぐお金が必用!!」という方の為に即日キャッシングが対応している業者もあるのです。
ただこれは注意が必要で、夜に申し込みをしたから今すぐお金を借入が出来るというわけではありません。
審査の時間や在籍確認もありますし、キャッシングする業者が営業していなければ意味がありません。

実際の目安、午後3時までに手続きが完了していないと、その日のうちに現金は借入できません。
ですので即日キャッシングのためには、お昼までに申し込みを済ませておいた方が良いということです。

24時間いつでも振込みで借入れが行えます

大手の消費者金融のプロミスとアコムでは、契約を行った後はネットからの操作で、24時間いつでも銀行振込みによる借入れを受けることができます。

この振込みで借入れは、平日や休日を問わず、銀行の営業時間も問いません。銀行の口座まで借入れを行った後は、いつでも提携先のコンビニなどのATMから現金の引き出しができるので、これらの消費者金融では実質的に、いつでも現金の借入れを行えるということです。

ですが、この24時間いつでも振込みを受けられる口座はそれぞれの消費者金融で決められており、プロミスでは三井住友銀行、またはジャパンネット銀行の口座を指定する必要があり、アコムでは楽天銀行の口座のみがその対象になります。

それ以外の銀行の口座を指定した場合、口座まで振込みが受けられるのは、その銀行の営業時間内になります。
平日の午前中であれば全く問題ありませんが、土曜日にこの操作を行った場合、最短でも月曜日の朝まで待つことになってしまうので注意してください。

女性専用ローンや少額ローン

最近の消費者金融では、女性専用のレディースローンや、限度額が低い少額ローンを用意していることがあります。

レディースローンの契約は、電話にでるオペレーターは全員女性の方です。
男性オペレーターだと気まずい、女性ならお話出来ることなど、そういった方の為の契約になります。
カードも女性ならではで可愛らしいデザインのものだったりして、キャッシングのカードだと分かりづらくなっていたりするのです。

少額ローンは主婦の方だったり、学生の方だったり収入が少ない方でも借入ができたりする便利な物です。

しかし、契約内容や金利などは通常のカードローンキャッシンッグと変わりはありません。
レディースローンだから、少額のローンだからと言って金利が安くなったり審査が甘くなるという訳ではありません。

むしろ限度額の上限が通常のキャッシング契約と比べて低くなっていることが多いので、収入が多い場合でもあまり借入れが行えないことが多く、金利も特に変わりません。

少額ローンは審査は通常のキャッシング契約より通りやすいかも知れませんが、これを利用すると、金利で損をしてしまいます。
通常のキャッシング契約では最低の限度額は10万円の為、利息制限法によって金利は年利18%が上限になっていますが、これより少額の限度額になると、同じく利息制限によって年利20%の設定が可能になります。

10万円未満の限度額の少額ローンを利用すると、ほとんどの場合でこの年利20%が適用されると考えてください。
例えば5万円だけが必要な場合でも、通常のキャッシング契約を行って10万円以上の限度額の中から5万円だけを借入れ方が、金利が低くなるということです。

あれば使ってしまう性分の方だったり、あまり大きな利用枠はいらない方にはちょうどいいかもしれませんね。

給料日までの生活費の調達にキャッシング

キャッシングを利用するようになったのは、社会人になってから少ない給料で一人暮らしを始めたためいつもカツカツの生活をしていました。
でも、どうしても欲しい限定品をなけなしの貯金を使って購入してしまい、次の給料日まで食べるものにも困る暮らしになったことがあります。
そのピンチを脱して今私がこうして普通に生活しているのは、それまであまり馴染みのなかったキャッシングに救われたからです。

お金を借りるという行為は親や友人ともやったことがなかったのでキャッシングを利用することに最初はためらいもあったものの、むしろ親しい人に黙ってこっそり切り抜けたいという気持ちのほうが強く、藁にもすがる思いでキャッシングの建物に飛び込みました。

ただ、結論から言えば私は過剰なまでに心配しすぎていて、手続きを進めていくにつれて頭の中の靄が晴れていったのです。
非常にスムーズにお金を借りることができて、拍子抜けと言えるほどに簡単でした。
利息もひと月はかからなく、給料日が来ればすぐ返せる額だったから返済の負担は軽かったと思います。
あのときキャッシングを利用して本当によかったと心から感謝しています。

いざという時に頼りになるキャッシング

僕は今までも幾度となくキャッシングに助けられました。
クレジットカードもあるし、銀行には預金もあるけど崩したくない、でも現金が必要。
そんな時に本当に助かります。

日々の生活に困るような経済状態ではなくても、給料日まで現金が足りないことって意外とあるんです。
お財布の中は空っぽだけど数百円の支払いにクレジットカードを使うのはなんだか気が引ける時とか、給料日前になっての飲み会や学校から集金の案内があったりとか、どうしても現金が必要な場面が足りないときに限って重なったりするんですよね・・・。

そんな時に私はよく利用させてもらっています。
とても便利でちょくちょく利用はしますが、やはり借金が増えるのは嫌なので、お給料が入った時点で返済するようには心掛けています。
ただ、そうはいうものの、何度か利用していくと初めて利用したときの罪悪感のようなものが薄れてきて『また今度でいいか』という気持ちになってしまって、返済を先延ばしにしてしまうことが何度かあったので、気を付けて利用していきたいと思っています。

キャッシングはお金を借りるための方法です

キャッシングは銀行やコンビニエンスストアのATMを利用してお金を借りることができる方法です。
カードローンのようにカード会社がお金を肩代わりするというのではなく、現金を手にすることができる方法なのです。そうなので非常に合理的で便利な方法ですね。

お金が不足をしている時にキャッシングを使うことで、窮地を脱することが出来ます。
学生などで仕送りが遅れている時にキャッシングをすれば、大変な思いをしないで済みます。
実際にキャッシングは多くの人に用いられています。しかし忘れてはならないこともあります。

キャッシングは借金であるということです。借りたお金は必ず返さなくてはなりません。
それを忘れてお金を使い過ぎると良くないですね。返済が大変になってしまいます。

自分で返済できる範囲でキャッシングをしていくことです。そうすればお金を借りすぎるということはなくなります。
本当に必要なものは何かを見極め、そしてキャッシングしていきましょう。

キャッシングを選ぶには金利優先

どの金融機関からキャッシングを利用するかということは悩ましい問題ではありますが、なにを優先するかを考えなければなりません。
なにを優先するかを考えてみれば、まず思い浮かぶのが金利と審査の通りやすさという人がおおいでしょう。

審査に通らなければキャッシングができないのだから審査の通りやすさを優先するという人も多いでしょうが、それでもキャッシングの返済を考慮すれば優先すべきは金利なのです。
金利は見た目には少しの差でしかないように感じることがあるのですが、返済シュミレーションなどで返済額を見てみれば、少しの金利差と見た目では感じても実際には大きな返済額の差になってしまいます。
返済額を少なく抑えることは自分に跳ね返って来るのです。

審査が通りやすいこともキャッシングを選ぶ際には重要な要素であることは確かでありますが、まずは金利が低いキャッシングを優先して、次に審査の通りやすさという順番で考えるべきでしょう。

キャッシングをする際には比較は重要です

人生の中では、お金が無くて困る等経験をする方も多いです。
そのような時に、身近にお金を借りる事が出来る関係の方がいればよいのですが、そのような方ばかりではないです。
遠方に住んでいたり、状況によってはお金の話を切り出す事が難しい方もいます。

そんな時に、考える事といえばキャッシングなどの業者を使う事です。
しかし、初めてキャッシングをするとなれば不安な点が数多くあります。
その為、しっかりと検討や比較をしたうえで借り入れる事が大切です。

特に、初めてキャッシングをするとなれば、利率や利息の部分を気にする事は重要です。
効率的にキャッシングをする事が出来る業者を探す場合は、インターネットが一番です。
インターネットであれば、借り入れに関する情報が記載してありますので、日中忙しい方でも比較をする事が可能です。

また、借り入れをする所に迷っても、インターネットには口コミなどで借り入れをした方の体験談などが記載されておりますので、安心して借り入れをする事が出来ます。

キャッシングは想定外の出費に対応できる

日常生活でお金に困ったときはとりあえずクレジットカードでしのいでいますが、これだけ多種多様な支払い方法が定着してきた現在でもすべてカバーできるわけではありません。
だから、結局のところ現金が万能という事実は変わらないので、僕はここぞというときこそキャッシングを利用してうまくやりくりしています。

一度キャッシングを使ってみると案外すぐにお金を借りることができることもあり、事前に返済までの道筋が頭の中で出来上がっているならこれほど便利なものはないと思います。
それ以外でも、特に急な出費などはまとまった現金じゃないと替えがきかないという場面が多いです。
このように便利さはカード一枚よりも実際に触れられるお札の方に軍配が上がるから、最近の個人的な利用比率はキャッシングに傾いてきました。

急なお祝い事でお金を包むときや会社の付き合いなど、考える時間さえ与えられることなく現金が必要な場面に迫られても、コンビニに寄って銀行から下ろすようにお金を出すことができるから、キャッシングはとても頼もしい存在です。

キャッシングと総量規制

2010年の改正貸金業法によって、貸金業者は総量規制の対象となりました。
総量規制とは年収の三分の一以上の借入ができないという制度で、以前に社会問題化していた多重債務者を作らないという意図で導入された制度です。
法的な規制でありますので、規制を超えて貸付をすれば違法行為となります。

一方で、銀行法で規制されている銀行は総量規制の対象外となっており、貸金業者とは区別されています。
一見すれば銀行の方が総量規制の対象外の為に銀行が有利のように感じるかもしれませんが、貸金業者に比べて銀行は審査がその分厳しくなっているといってもいいでしょう。

総量規制の多重債務者を作らないという精神は評価できますが、総量規制の為にキャッシングができなくなる人が闇金などに走ってしまうのではないかというリスクも取りざたされています。
もう少し様子を見るべきでしょうが、現実に即さない場合には貸金業法の再度の改正も考えるべきでしょう。